青汁で期待するとしたら

コレステロール値のケア

コレステロール値が高いと人体に悪影響を及ぼします。
そもそも、コレステロールには善玉と悪玉の2種類があり、悪玉コレステロールが増加と血液がドロドロになってしまいます。
血液がドロドロになってしまうと、様々な病気を引き起こす可能性があります。
特にメタボの人は、血液がドロドロになっている可能性が高いので、早めのケアが必要です。
そのためには普段の食生活を見直す必要があります。
肉類や油物など脂肪分が多い食べ物は、悪玉コレステロールを増加させる大きな要因です。
そこで、大事になってくるのが、食物繊維の摂取です。
野菜や果物などに含まれている食物繊維を摂取することで、コレステロール値をケアすることができます。
しかし、分かっていても、日々の忙しい生活で野菜や果物を意識して食べるのは非常に難しいのが現状です。
そこで、登場するのが青汁です。
青汁には、カロチン、ビタミン類、ミネラル、カルシウム、鉄分など豊富な栄養素が多く含まれているので、悪玉コレステロールの低下に有効です。
しかも、食べるのはなく、飲むことによって、吸収率が早く効果的に食物繊維を摂取できるのです。
コレステロールの値が気になっている方は、手軽に食物繊維を摂取できる青汁をお勧めします。


別ページでコレステロール値が高いとどうしていけないの?という事と
青汁がそのケアにどう影響するかを間単に説明しました。

ここではもう少し詳しく記載したいと思います。


一般的に良く知られている事は、コレステロール値が高いと病気を引き起こすと言う事ですね。

その他にも命に関わる病気にかかる危険の確率を高めるリスクになります。

コレステロール値が高いために起こるもので脳や心臓など太い動脈に発生する病気があります。
血管の内壁にコレステロールを取り込み、「アテローム」というおかゆのようなかたまりができます。
これが次第に盛り上がり、またカルシウムで石灰化する事で血管は硬くなりもろくなってしまいます。

血管を狭めるとともに、弾力性がなくなった血管はちょっとした刺激でも破れやすくなり、
様々な病気が起こる可能性が高くなります。

高血圧による強い圧力は血管の内壁を傷つける要因になり、病気を起こしやすくします。
その他に肥満、ストレス、喫煙なども誘因となるので注意してください。



では、コレステロール値をケアする方法はどのようなものがあるのでしょうか?

もちろん、コレステロール値を管理できる薬もありますがここではそれ以外の方法を記載いたします。


●野菜や海藻を毎食きちんと食べるように心がける

●肉類の摂取を控え、魚や豆類を毎日1食は食べる事

●脂肪・油を摂取するときには、不飽和脂肪をとるように心がける
・不飽和脂肪を多く含む食品 <豆腐、ごま油、菜種油、みそ、油揚げ、魚介類等>
・飽和脂肪を多く含む食品<肉の脂身、ベーコン、チーズ、バター、ポテトチップス、チョコレート等>

●雑穀類(ヒエ、アワ、キビ等)を摂取するように心がける
雑穀類に含まれるたんぱく質には善玉コレステロールを増やしてコレステロール値を正常に保つ作用があるそうです。 

●適度な運動
激しい運動よりも、ウォーキングなどの有酸素運動が有効



これらの事を継続して行えば、薬で無理に下げずにコレステロール値を安定させることが
できるかもしれません。まさに【継続は力なり】ですね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
めっちゃたっぷり フルーツ青汁

 

人気の青汁口コミ

 

青汁の効果を高めるコツ

 

青汁とグリーンスムージーの違い

 

青汁の飲み方

 

青汁で期待するとしたら

 

青汁の選び方

 

青汁をお得に飲む方法

 

 

 

極の青汁

 

めっちゃたっぷり フルーツ青汁